2019.04.25

【木村和久連載】快適なゴルフを
楽しむために、徹底すべきトイレ対策

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第202回

 最近は、ゴルフのラウンド中に便意が襲い、緊急事態に陥ることはなくなりましたが、昔よりトイレが近いのは確かです。

 この前、尿管結石をやらかしてのたうち回ったのですが、その時に「結石がまだ体内に残っているから」と医師に言われて、利尿剤を飲まされました。そうしたら、今トイレに行ったばかりなのに、すぐさま尿意を感じて、すごい勢いでトイレに駆け込みました。で、そんなに出ないと思ったら、またドバッと出るんです。

 自分が飲んだ水の量と、出した水分量が一致しないんですけど……。どうみても、出る量が多いから、もうすぐ干からびてしまうんじゃないか、と戦々恐々でした。

 まあ、これは稀有な例ですが、先輩の方々とゴルフに行くと、みなさん、ほんとに頻繁にトイレに行きます。小用は近くの草むらで済ませるので、さほど問題はありません。でも、なかには草むらの奥へと忽然と消える方もいます。

 先輩ですから、その草むらで何をしているのか、それ以上は聞けません。だいたい明日は自分が草むらで、何かを落としているかもしれませんし……。

 そんななか、現在自分がゴルフ場のトイレに駆け込まなくなったのは、健康管理をして、突発性便意を未然に防いでいるからです。

 実際のところ、毎朝、朝食後に便意をもよおしたら、5分も耐えられません。それぐらい、我慢が効かない体になりました。だから、いつも午前中はトイレの場所を確保して仕事をしています。

 にもかかわらず、最近ゴルフ場においては、どうしてトイレで失敗しなくなったのか。それは、朝早く起きて排便対策をしっかりやっているからです。

 ゴルフ場でトイレに行きたくなる最大の要因は、スタート直前に食事を摂ることです。だから、スタート前には食べません。

 だって、食事をして立ち上がって、スタスタと歩くわけでしょ。そりゃ、2~3ホール目に便意をもよおすのは、当たり前じゃないですか。