2019.02.28

【木村和久連載】こんな手段も!?
できるだけ安くラウンドする方法

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第194回

 最近のゴルフのプレーフィは、相当安くなっていて、地方では平日なら3000円~4000円ぐらいが当たり前になっています。そんなに安くして、ゴルフ場は儲かるんだろうか、採算がとれるんだろうか、ちょっと心配になります。

 でもこれは、いくら安くしても、お客さんを入れざるを得ない"ビジネスモデル"の宿命と言えるのです。

 つまり、ディスコやクラブなどのハコモノ営業と一緒の形態で、一旦店を開いたら、かかる必要経費はほぼ一緒。ゴルフ場であれば、電気代、お風呂のボイラー代、水道代、人件費、食材の一定部分などなど、お客さんが1組でも50組でも、基礎部分の出費はさほど変わらないのです。

 そうなると、営業日としてオープンしたら、なんぼ安い料金でもお客さんを入れたほうがマシ、となるのです。

 しかもゴルフ場は、18ホールのコースなら、通常50組程度で満員となり、あと早朝プレーや薄暮営業などのお客さんを足しても、1日70組前後が限度です。だから、ボロ儲けもなかなかできない仕組みです。

 これが、ディスコやクラブだと、お客さんが通路やお店の外にまであふれても集客し続けて、定員が200人だとしても、トータル2000人ぐらいは入れ替わり、立ち替わりでぶち込んで、ボロ儲けを図ることも可能です。

 そんなわけで、"詰め込みビジネス"のわりには、さほど儲からないゴルフ場。そのシステムの盲点を突いて、できるだけ安くラウンドする方法を考えてみたいと思います。

 いろいろと調べてみると、意外な方法で安くラウンドできることがわかりました。以下、列記していきます。