2019.01.16

結果が出ない…どうした?松山英樹。
浮上するには何が足りないのか

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 2019年の初戦、ソニーオープン(1月10日~13日/ハワイ州)に挑んだ松山英樹。4日間通算6アンダー、51位タイでフィニッシュした。

 2017-2018シーズンは未勝利に終わった松山。昨年10月にスタートした2018-2019シーズンにおいても、昨年のうちに公式戦には2試合に出場したが、際立った成績は残していない。さらに昨年11月、日本ツアーにも2試合出場したが、VISA太平洋マスターズで46位タイ、ダンロップフェニックスでは44位タイと振るわなかった。

 そして、年が明けても、松山の状態に大きな変化は見られなかった。

ソニーオープンでは51位タイに終わった松山英樹。photo by Masuda Yuichi ソニーオープン初日、12番までに5つのバーディーを奪って上位をうかがう勢いだったが、16番でダブルボギー、17番でボギーを叩いて失速。結局、1アンダー、52位タイと出遅れた。

「(15番までの)流れは悪くなかったけど、いいショットもあれば、悪いショットもたくさんあった。それで、最後はチグハグになってしまった。(16番のダブルボギーは)自分のミスもあったので仕方がないと思う。

(全体的なショットの感触は)もっとできたんじゃないかって思うところもあるけれど、ピンを狙うショットは徐々によくなってきたんじゃないかなって思う。それを、明日も続けられるようにしたい」