2018.12.06

【木村和久連載】こんなのイヤだ。
同伴者からのプレッシャーあるある

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第182回

 ゴルフにはプレッシャーがつきもの、と言われています。

 プレー中にウンコを漏らさないか心配、というプレッシャーもありますが……って、そっちかぁ~。じゃなくて、冗談を語り合いながらも、威圧を受けたり、与えたり、間違った情報を伝えられたり、伝えたりなど、そうした同伴プレーヤーとの”情報戦”を言いたいのです。

 アマチュアゴルファーのプレッシャーは、傍から見れば、親切心で言っていることもあり、言われた側もプレッシャーをかけられたことに気づかない場合もあります。今回は、そんな玉石混交のプレッシャーの数々を紹介したいと思います。

 手始めに、こういうのはどうでしょう。

◆ステルスプレッシャー
 たとえば、池のきれいなショートホール。ゴルフを知らない人が見ても、グリーン脇に大きな池があるのを確認できます。そこで、あからさまに「池を注意して」と、喚起させるのです。こんな感じでしょうか……。

「グリーン右が池だから、注意して」
「わかっているよ」
「ここは、大きいクラブがいいよ。160ヤードは打たないと」
「大丈夫、ウッドを持ったから」
「ウッド? それ、デカくないか?」
「いちいち、うるさいよ。調整して打つんだよ」
「オーケー。とにかく右、池だからさ~」
「わかったっていうの」

 打つ前に、こんだけごちゃごちゃ言われたら、さすがにミスしますよね。言われた人は案の定、池の中に”ナイスイン”といったとこでしょう。

 打つ前にいろいろと囁くのは、マナーとしてはどうかと思います。でも、相手にプレッシャーをかける意味では有効な手段です。