2018.10.09

試行錯誤しながら日本で奮闘中。
美人プロ、セキ・ユウティンの挑戦

  • 吉田洋一郎●文 text by Yoshida Hiroichiro

 9月中旬に行なわれたマンシングウェアレディース東海クラシックで、セキ・ユウティン(20歳/中国)が奮闘。主催者推薦で、レギュラーツアーへの出場は今季2試合目ながら、最終日最終組に名を連ねた。

 初日に「70」とまずまずのスタートを切ったセキは、2日目にその日のベストスコアとなる「64」をマークし、首位タイで最終日を迎えた。中国ツアーでの優勝経験があり、「その感覚を覚えている」と語ったセキ。日本ツアーにおける初勝利への期待も高まったが、結局最終日はスコアを伸ばせずに、15位タイでフィニッシュした。

中国出身の人気プレーヤー、セキ・ユウティン。photo by Getty Images 日本ツアー参戦を目指して、一昨年のQT()に臨んだセキ。ファイナルQTへと駒を進めると、見事に16位という成績を収めて、翌年のレギュラーツアーの出場権を獲得した。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。現在はファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの『リランキング』までの大半の試合には出場できる。

 そして、昨季は32試合に出場。日本の女子ツアーでは珍しい身長170cm超えの恵まれた体格と、キュートなルックスによって、中国から来た「美女プレーヤー」として注目を集めた。そもそも、生まれは福井県で、19歳ながらすでに中国国内のツアーで優勝しているという経歴も、多くの人々から関心を集める対象となったのだろう。