2018.08.28

PGAレギュラーツアー最終戦。
125位を巡る悲劇が今年もあった

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 前週のウィンダム選手権(8月16日~19日/ノースカロライナ州、セッジフィールドCC)をもって、PGAツアー2017-2018シーズンのレギュラーツアーは終了し、いよいよフェデックスカップ・プレーオフ(全4試合)が開幕。ボーナス1000万ドル(約11億円)を手にする年間王者をかけた、エキサイティングな戦いが始まった。

 その激戦の前に、まずはレギュラーツアー最終戦のウィンダム選手権を振り返ってみたい。優勝したのは、初日に「59」をマークしたブラント・スネデカー(アメリカ)。およそ2年半ぶりの勝利を飾って、大会を盛り上げた。

 その一方で、熾烈な戦いが繰り広げられていたのが、来季のシード権をかけた争いだ。

 プレーオフ第1戦に駒を進められるのは、年間ポイントレースとなるフェデックスカップ・ポイントの上位125名。プレーオフに出場できる=来季のシードを獲得する、ということになるため、最終戦はまさに白熱したシード争いが繰り広げられるのだ。ランキング下位の、ボーダーライン上での争いではあるが、ある意味、優勝争いよりも過酷で、ハードな戦いと言えるかもしれない。

 また、ここに出場した選手の中では、世界ランキング16位の松山英樹がランク最上位の選手だった。結局、ランキングの上位陣はプレーオフに備えて、同大会は休養に充てる選手が多いため、シード権争いへの注目度は一層増すことになる。

 ところで、その松山は前週までのポイントレースで88位だった。プレーオフへの連戦覚悟で臨んだ今大会、ギリギリの予選通過だったものの、週末に底力を発揮して11位タイでフィニッシュ。ポイントレースの順位を76位までアップさせてプレーオフを迎えられたことは、”参戦、成功”と言っていいだろう。