2018.08.31

【木村和久連載】ゴルフ界にも欲しい
「ランディ・ジョンソン先生」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第169回

 今回は、メジャーリーグからちょっとネタを拝借して、ゴルフレッスンのあり方を考えてみたいと思います。

 伝説の300勝投手、ランディ・ジョンソンってご存知ですよね。マリナーズやダイヤモンドバックス、ヤンキースにも在籍し、サイヤング賞を5回受賞。メジャーリーグの歴史に残る左腕で、野球殿堂入りも果たしているレジェンドです。

 その偉大なるレジェンドが、NHKの番組『奇跡のレッスン』の「野球・ピッチャー編~ランディ・ジョンソン」収録のため、8日間も日本に滞在したのです。

 6月にオンエアされた番組の冒頭は衝撃的でした。「さあ、今日の先生を紹介しましょう」というナレーションで、何の前振りもなく、突然身長2mの大男がグラウンドの片隅に現れるのです。

 その瞬間、「誰だ?」「誰だ?」と大騒ぎ。その大男がグラウンドの端から近づいてきて、ランディ・ジョンソンだとわかると、その場にいた誰もが驚愕。異次元の大スターの登場に声も出ません。むしろ、周囲の大人たちのほうが興奮しまくっていましたからね。

 そして、ランディ・ジョンソンは子どもたちに向かって、「キミたち、僕のことを知っている?」なんて、茶目っ気たっぷりに自己紹介。まさかの”超大物”が目の前にいるんですから、それはもうイチローや松井秀喜などもぶっ飛びそうな、凄まじいインパクトでした。

 ランディ・ジョンソンのレッスンは、初対面でいきなり腕試しから始まります。生徒となる中学生の選手たちが、どれほどの腕前かそれぞれ見極めるため、「2~3球ずつ投げてみて」とリクエストしました。

 その際、ランディ・ジョンソンは「何か、悩んでいることはあるかい?」と、生徒たちに聞くのです。すると、ひとりの選手が「ボールが上ずって(コントロールが)安定しません」と言います。