2018.07.26

新シーズンはスケジュールを大刷新。
PGAツアーはどう変わっていくのか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2018-2019シーズンのPGAツアースケジュールがようやく発表された。当初、5月のプレーヤーズ選手権の際に予定されていたものが、およそ2カ月遅れでの発表となった。

 新シーズンは、今季より3試合減となって全46試合。ナパバレーで行なわれるセーフウェイオープン(10月4日~7日/カリフォルニア州)からシーズンが開幕し、来年8月末のツアー選手権(8月22日/25日/ジョージア州)で幕を閉じる。

 これまでよりも、約1カ月も早くシーズンが終了することになるが、コミッショナーのジェイ・モナハン氏は、「大きな改革となった。PGAツアーは大きく変わって、ますますエキサイティングな戦いになる」と、ツアーのさらなる盛り上がりに自信を見せた。

 今回のツアー改革によって、実際にはいいところも、悪いところもいろいろあるようだが、どんなプラスとマイナルがあるのか、その両面を検証してみたい。

 最大の変化は、全米プロ選手権が8月開催から5月開催に移行することだ。これで、4大メジャー大会が4月のマスターズに始まって、5月の全米プロ、6月の全米オープン、そして7月の全英オープンと、毎月行なわれることになる。

 メジャー大会が毎月開催されることは、シーズンがリズムよく進んでいくため、選手にとっても、ファンにとってもいいこと。加えて、「第5のメジャー」と呼ばれるプレーヤーズ選手権が5月から3月開催へと戻されることになって、メジャー前哨戦としての位置づけがより鮮明になり、注目度が増すこともプラスだろう。