2017.12.20

韓国の元祖美女ゴルファーが
「日本に拠点を構えよう…」と思った理由

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 昨年のファイナルQT()で5位となり、今季から日本ツアーに本格参戦を果たしたユン・チェヨン(30歳/韓国)。29試合に出場してトップ10フィニッシュ5回、賞金ランキング35位(獲得賞金3484万6044円)という成績を残して来季のシード権を獲得した。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

 7月には、サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース、センチュリー21レディスと2週連続2位。ツアー優勝こそ叶わなかったものの、こうして優勝争いを演じて”新天地”でも十分に戦えることを証明した。

今季から日本ツアー本格参戦を果たしたユン・チェヨン 30歳にして日本ツアー挑戦を決意したユン・チェヨン。その決断は決して簡単なものではなかったと思うが、賞金シード獲得という第一目標を見事クリアして、ホッとした表情を見せた。そして、冗談っぽく笑いながらこう語った。

「今年、日本でシードを取れなかったら(現役を)引退していたでしょうね」

 ユン・チェヨンは、韓国で「元祖美女ゴルファー」と称され、その外見からも注目を集める選手だった。日本でも「八頭身美女」「フィールドのモデル」といった愛称で親しまれ、今やファンが急増中である。