2017.12.07

【木村和久連載】ゴルフレッスンも
「オレ流」時代へ。それでいいのだ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第133回

 最近、プロやトップアマの方々とラウンドして指摘されるのが、自分の一風変わったスイングです。

 ここ1年間は五十肩だったこともあって、トップが浅く、フォローが取れません。ボールを打つのはなんとかなっているんですが、とりわけ問題なのはフォローですね。右手を伸ばしてクラブを返すことができないのです。

 その結果、どういうことが起きるかというと、ボールを打ったあと、クラブの遠心力につられて、右足が地面から離れて左足より前に出るという、超へんてこなフォローになるのです。そうして、右足が前を向けば、顔は左といった感じで、フィニッシュ時には顔が左を向いてしまい、ボールの行方をなかなか追えません。

 先日、このスイングで某ツアープロとラウンドしたのですが、「フォローがすごいね。まったく形になっていないもの。なんでボールが当たっているのか、理解不能です」と褒められているのか、けなされているのか、よくわからないコメントをいただきました。

 いやぁ~、これは恥ずかしいですよ。どれぐらい恥ずかしい打ち方をしているか、おぼろげにはわかっていますから。

 でも、その姿をはっきりとは認識したくはないのです。先日、友だちのカメラマンとたまたま一緒に仕事をすることになって、そのときにラウンド写真を撮ってくれたのですが、「動画も撮ってあるけど、見てみる?」と言われて、丁重にお断りさせていただきました。