2017.11.13

松山英樹とトランプ大統領のラウンドを、
海外メディアはどう伝えたか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 11月5日、アメリカのドナルド・トランプ大統領が初来日。日本の安倍晋三首相とともに、プロゴルファーの松山英樹が一緒にゴルフのラウンドをしたニュースは、あっという間に世界中を駆け巡った。しかもその一報は、ゴルフメディアに限らず、政治的なニュースとしても大々的に取り上げられたため、「ヒデキ・マツヤマ」の名前はゴルフファンにとどまらず、世界中の多くの人々に知れわたったことだろう。

日米首脳と一緒にラウンドし、海外メディアでも大きく取り上げられた松山英樹 米軍の横田基地(東京都)にメラニア夫人と降り立ったトランプ大統領は、すぐさま大統領専用ヘリコプターで埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部に移動。そこで待っていた松山の姿を見つけると、大統領は大いに喜んで、大きく両手を広げて松山と挨拶を交わした。そして、まずは”ハンバーガー”でのビジネスランチをとったあと、早速コースへ繰り出した。

 米CNNがその詳細を伝えたが、その事前には「今回、トランプ大統領がゴルフパートナーに選んだヒデキ・マツヤマとは?」と題して、松山の戦績や人となりも紹介した。

「現在、世界ランキング4位のヒデキ・マツヤマは、日本中から大きな期待を背負っている。それは、トランプ大統領にゴルフで勝つことではなく、日本勢として初のメジャータイトルを獲得することだ」