2017.10.12

地球レベルの注目度。米メディアは
この1年、松山英樹をどう伝えたか

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Golffile/AFLO

 世界選手権シリーズ(WGC)2勝を含めてツアー3勝を挙げて、トップ10入りは7回。獲得賞金はおよそ838万ドル(約9億4000万円)に達して、賞金ランキングは4位だった。そして、フェデックスカップランキング8位というのが、2016-2017シーズンの松山英樹の成績である。

 残念だったのは、最後のプレーオフ。フェデックスランキング1位で突入したものの、「(シーズン終盤は)自分の思ったプレーができなかった。それもあって、疲れをすごく感じていた」と、プレーオフ4試合での松山は精彩を欠いていた。いい形でシーズンを締めくくることができなかったのは、松山としても不本意だっただろう。

 それでもこの1年、”Hideki Matsuyama”の名前が世界中にとどろいたのは事実だ。全米のみならず、世界各国のメディアにおいて、その名が何度となく紙面を飾ってきた。

米国メディアでの注目度も増している松山英樹 そこで今回、そうした紙面の主な見出しや、松山を評する際立った言葉をピックアップ。この1年、松山が海外メディアからどう見られ、どう評価されてきたのか、振り返ってみたい。