2017.01.26

【木村和久連載】トランプさんよりも
ゴルフが上手い大統領は誰か?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第89回

 まずはトランプさん、アメリカ大統領就任、おめでとうございます。

 というわけで、せっかくゴルフ好きの大統領が誕生したのですから、歴代のアメリカ大統領の中で、誰が「ゴルフ好き(あるいは実力)ナンバー1」か、見極めたいと思います。

 トランプ大統領のゴルフの腕前は、かなりのものだと聞いています。実際、彼がゴルフをしている動画を見たことがありますが、ダイナミックなスイングで、ボールの勢いが半端ないです。ハンデが「3」ぐらいで、ベストスコアが「66」らしいですから、ほぼプロ並みと見ていいでしょう。

 オバマ前大統領もゴルフ好きで有名でしたが、ハンデは「13」くらいと言われていて、その実力はさすがにトランプ大統領には及びません。

 そうなると、歴代ナンバー1のゴルファーはトランプで決まり! と思うでしょう? ところが、実は”最強の大統領”は過去にも存在していたのです。

 それは、第34代ドワイト・D・アイゼンハワー大統領です。なにしろ彼は、プロでもないのに、2009年に特別功労者として世界ゴルフ殿堂入りを果たしているんですから。

 アイゼンハワーが何よりすごいのは、そのラウンド数の多さ。8年の任期(1953年~1961年)の間におよそ800回、つまり年に100ラウンドもしていたというのですから、びっくら仰天です。