2016.05.15

松山英樹、マスターズ後の初戦に笑顔も「課題はショートゲーム」

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR
  • photo by Getty Images

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 マスターズ終了後、松山英樹(24歳)は3週間のオフを経て、ウェルズ・ファーゴ選手権(5月5日~8日/ノースカロライナ州)で復帰した。初日は2オーバー、101位と大きく出遅れたものの、終わってみれば通算4アンダー、11位タイでフィニッシュ。粘りと底力を見せた大会だった。

復帰戦では終始穏やかな表情を見せていた松山英樹 開催コースのクエイル・ホロークラブ(7575ヤード、パー72)は、グリーンが速く、思いのほかスコアが伸びない難コースだった。初日に出遅れた松山は、2日目も予選ラウンドの通過ライン上を行ったり来たりと、苦しい展開を強いられた。

 苦労したのは、ショートゲーム。アイアンの精度は高く、ショットも好調だったが、グリーン周りからのチップショットが寄らず、なかなかスコアを伸ばすことができなかった。それでも終盤、粘り強いプレーを見せて「71」とスコアを伸ばすと、ギリギリで予選通過を果たした。

「初日が悪くても、2日間の予選だから、あまりそこは関係ない。どんな順位であれ、予選を通ることはとても大事。それを続けることが、大切だと思う」

 予選落ちを心配したファンやメディアの思いとは裏腹に、松山はそう言ってあっけらかんと笑った。が、松山自身、この予選突破は相当うれしかったのだろう。冷静さを装いながら、普段よりも饒舌な彼を見て、そう感じた。