2016.05.05

【木村和久連載】女性と一緒のゴルフは、本当に楽しめるものか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第53回

 以前、女性とのラウンドは、相手探しも大変だし、いざラウンドになっても気苦労が多い、と書きました(※2015年7月1日配信「悩み多き『女性とのゴルフ』。最適な攻略法を教えます」)。今回は、その”気苦労”のお話です。

 異性とのゴルフは、何ゆえ気苦労が多いのか。

 それは、さまざまな感情が表に出てくるからです。言い方を変えれば、相手の本性が垣間見えてしまうというか。その結果、相手を思いやったり、おだてたり、あるいは教えたり、叱ったり……と、いろいろと気を使わなければいけなくなるのです。

 ゆえに、もし交際予定とか、結婚予定の女性がいて、その人がゴルフをたしなむのであれば、ぜひ一度、一緒にラウンドなさるのがよろしいでしょう。さすれば、「わがままでうんざり。もう顔を見たくもない」と憤ったり、逆に「いろいろと気を使ってくれてうれしい」と感嘆したりするはずです。いずれの結末になるにせよ、交際もしくは結婚すべきか否か、はっきりした方向性が示されるのは間違いないでしょう。

女性とのラウンドは、ホント気苦労が絶えないんですよね...... もちろん、エスコートした男性側も、相手女性からその性格を見られ、男としての価値を推し量られています。