2016.05.01

悲運のマスターズから半月あまり。「傷心」のスピースは今……

  • 武川玲子●文 text by Reiko Takekawa
  • photo by rickiefowler/Instagram

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 マスターズ最終日、アーメンコーナーの12番パー3で「7」を叩いて自滅し、大会連覇を逃したジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)。

「立ち直るには、しばらく時間がかかる」と言い残して、会場のオーガスタ・ナショナルGCをあとにした彼は、以降、1試合も出場していない。

 いったい、スピースはどこで何をしているのだろうか?

 そう思った矢先、PGAツアーで戦う盟友たちとバケーションをエンジョイしている姿が、先週リッキー・ファウラー(27歳/アメリカ)のソーシャルメディア(SNS)アカウントで紹介されていた。

ファウラー(上)が自身のSNSで紹介したバカンスの写真。右端がスピース このバケーションに参加していたのは、そのファウラーとスピース、スピースとマスターズ最終日に同組でラウンドしたスマイリー・カウフマン(24歳/アメリカ)、そしてスピースの親友ジャスティン・トーマスという4人の若者たち。ファウラーもマスターズ初日に「80」を叩いて予選落ちし、カウフマンも同最終日に「81」と大崩れした。スピース同様、それぞれ今年のマスターズでは苦汁をなめた面々だ。