2016.04.22

A・スコットもリオに不参加。五輪のゴルフ復活は何のためなのか

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今年8月に開催されるリオデジャネイロ五輪。同大会では、112年ぶりに正式種目に復活したゴルフも行なわれる。

 アメリカ代表に選出される可能性が高いジョーダン・スピース(22歳)やリッキー・ファウラー(27歳)、オーストラリアのジェイソン・デイ(28歳)に、アイルランド代表として出場予定のロリー・マキロイ(26歳/北アイルランド)らトップ選手の多くは、初の五輪出場に意欲を見せている。

「金メダルは、本物のアスリートの証だ」とスピースが言えば、デイは「まさか五輪選手になるなんて思ってもみなかった。開会式からすべて楽しみたい」と興奮気味に語る。

 一方で先日、ビジェイ・シン(53歳)が「リオ五輪には出場しない」と正式に表明した。シンは当初、ゴルフが五輪の競技として復活したことを歓迎し、「母国フィジーのためにも、とても楽しみしている」と話していたが、心変わりしたようだ。

「スケジュールがとても厳しい。今は、PGAツアーで自分のゴルフに集中したい。それに、ジカ熱も心配だ」

 そう語ったシンは、国際オリンピック委員会(IOC)にも不参加の旨を正式に通達。これをもって、シンの名前が「五輪ランキング」から消えた。