2016.04.09

正しくクラブを握ることが、きれいなスイングを作る第一歩!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第2回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

 グリップの握り方(1)

  グリップはクラブと体を結ぶ唯一の接点です。ここが間違っていると正しくクラブを振ることはできません。ゴルフのスイングで大切なことは見た目がきれいに見えることです。”見た目さえよければいいのか”と疑問に思う人もいるかもしれませんが、きれいに見えるということはスイング軌道が安定しているということ。これが止まっているボールを打つゴルフの特徴のひとつなのです。

 正しくクラブを握ることがきれいなスイングへの第一歩です。特にビギナーの方は最初に変な癖をつけてしまうことが最も危険。初めは違和感があるかもしれませんが、徐々に感覚に慣れてきます。

 特に大切なのは左手のグリップです。(右打ちの場合)右手は左手に合わせるように握れば、いいだけです。ポイントは左手の小指、薬指、中指の3本の指でしっかり握ること。もっと言えば、小指に最も力を入れて、親指に向かって徐々に握る強さが弱くなるようにします。

 また、ゴルフのグリップには大きく分けて3つの握り方があります。インターロッキンググリップ、オーバーラッピンググリップ、ベースボールグリップです。今回、白石さんに実践してもらった握り方はインターロッキンググリップです。左手の人差し指と右手の小指を絡めるようにして握るグリップで、左右の手の密着度が強まるメリットがあります。