2016.01.21

【木村和久連載】冬のゴルフの鉄則は「とにかく無理しちゃダメ」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第38回

 今年は暖冬とはいえ、冬には違いありません。これから2月にかけては、そこそこ寒くなると思います。

 この時期のゴルフは、どうすべきでしょうか。

 以前は、ゴルフ週刊誌にラウンド体験記を書いていたので、1、2月の寒い時期であっても、毎週ラウンドするのが当たり前でした。でも今では、プレーする必要性がなくなって、好きにスケジュールを組めるため、1月は2ラウンドのみです。初打ちをしたのと、コンペの幹事で出席したぐらいですか。

 1年で最も寒い2月は、ラウンドする予定はありません。誰か、タダで沖縄にでも連れていってくれるならプレーしますが、そんなことはないでしょうから、休みます。

 そもそもゴルフは屋外スポーツですから、オフシーズンがあって当たり前です。国内のプロツアーだって、試合が始まるのは3月に入ってから。野球で例えるなら、1、2月はキャンプ、オープン戦の時期と考えればよろしいかと。

 まあ、我々アマチュアゴルファーは万年オープン戦ですから、特にこの時期はすごく暖かい日が続いたりして、伊豆とか房総半島とかでやるゴルフに誘われたら、プレーすればいいんです。

 それでも事情があって、この1、2月の間にゴルフをしなければならない人がいますから、そういう方々に向けて、寒い時期のラウンドにおける注意事項を述べたいと思います。