2016.01.28

【木村和久連載】「意識高い系」のゴルファーになっていませんか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第39回

 最近、インターネットを中心に流行っている言葉の中に、「意識高い系」というのがあります。

 文字どおり解釈すると、物事に対しての意識が高く、向上心にあふれ、前向きな人のこと、となります。しかし、実際の使われ方は、どうも違うようです。意識のみが高く、現実がついていっていない人のこと、とネガティブな扱いで使用されています。

 この「意識高い系」の人々は、実はゴルフをされている方々の中にも、結構見受けられます。もちろん、そういう人は自分が”意識高い”なんて思っていなくて、すくすくと育ってらっしゃいますが……。

 具体的に、どう”意識高い”のか、検証してみます。

 まず、つい自分を大きく言ってしまうタイプの人がいます。「俺、一応シングルだから」とか言って、「90」を軽く超えてしまってはダメですよね。そのシングルって、ひょっとして戸籍のことですか? てなものです。

 しかも、自称シングルさんは、叩いたときの言い訳が非常にうまい。「シングルだったのは、10年前だから」って……それを早く言ってくださいよ。

 また、飛距離を自慢する人もいます。「残り150ヤード? それなら9番アイアンかな」って。普通のアマチュアでは、9番アイアンでそんなに飛びません。おそらく9番と6番を見間違って、実は6番アイアンで打ったんじゃないですか? ほんまかいな……。

 さらにそういう人の中には、見栄を張ってアイアンをマン振りし、ボールをすごく曲げて、飛距離を測定させない姑息な手段を使う人がいます。そして、打ったあとに必ずこう言うんです。「真っ直ぐ飛んでいれば、グリーンに乗ったな」って。スコアを犠牲にしてまで、飛距離の見栄を張らなくていいですよ。