2015.11.25

【ゴルフ】イ・ボミをしのぐ実力。チョン・インジ旋風、再び!?

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 今季の女子ツアーは早くも最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ(11月26日~29日/宮崎県)を残すのみとなった。

 同大会は、限られた選手しか出場できない国内最後のメジャー大会()。まさに現在の日本女子プロゴルフ界を代表する実力者が集い、それらトッププレーヤーが1年の集大成として挑む試合だけあって、毎年見応えのある戦いが繰り広げられる。
※出場できるのは、今季ツアー優勝者、大会前週までの賞金ランキング25位までの選手など。

 注目は、やはりイ・ボミ(27歳/韓国)だろう。今季ツアーでは「イ・ボミ一色」と言っていいほどの活躍を見せてきたうえ、その勢いはここに来てさらに増しているからだ。

 というのも、先の伊藤園レディス(11月13日~15日/千葉県)で優勝して目標とする賞金女王を確定させると、続く大王製紙エリエールレディス(11月19日~22日/福島県)でも独走Ⅴ。白熱する終盤を迎えてなお、2週連続優勝という離れ業をやってのけたのだ。

 加えて、年間獲得賞金も女子選手初の2億円突破という快挙を達成。大王製紙エリエールレディスの優勝によって、男女合わせての史上最高記録()も更新した(11月24日現在、2億2581万7057円)。その圧倒的な強さから、最終戦でも大本命に挙げられている。
※かつての年間最高獲得賞金は、2001年に伊澤利光が獲得した2億1793万4583円。

 しかし今大会には、イ・ボミの前に大きく立ちはだかるであろう、強力な”ライバル”が参戦する。

 チョン・インジ(21歳/韓国)である。