2015.11.26

【木村和久連載】ショート&ミドルコースでこそ、技術は上達する

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第31回

 最近、雑誌の企画などで、ショートコースやミドルコースに行くことが多いのですが、それが案外楽しくて、はまってしまいました。

 そんな中途半端なコースでラウンドをして何が楽しいの? と聞かれますが、逆にその半端なコース設定だからこそ、自由気ままに、のびのびとプレーができるのです。

 そもそも日本人のアマチュアは、パー72のコースでラウンドをしたがり過ぎです。たまにパー70やパー71のコースもありますが、そういうところでさえ行きたがらない人が多いです。

 話を聞くと、「万が一、ベストスコアを出したとき、悔しいじゃん。パー71だから、70台は無効だって言われるから」と言うのです。が、アマチュアはそんなに頻繁にベストスコアを更新しませんから、ご心配なく。安心してプレーなさってください。

 まあでも、パー72にこだわる気持ちはわかります。例えば、自分が「89」のスコアを出したとしても、「パー71だから、本当は90だよ」と言われると気分悪いですから。私も若い頃には、なるべくパー72のコースでプレーしていました。

 ともあれ、今や状況が変わり、みなさんのお小遣いも減って、ショートコースやミドルコースでのラウンドを紹介する雑誌の企画が増えました。私自身、最初は乗り気なしで、しぶしぶ取材に行ったのですが、いざやってみると、目からうろこ状態。ショート&ミドルコースでのプレーに開眼してしまったのです。