2015.08.12

J・スピースは「ポスト・タイガー」か。米メディアの率直な評価

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 今季メジャーの最終戦となる全米プロ選手権(8月13日~16日)が、アメリカ・ウィスコンシン州のウィスリングストレーツで開催される。

 最大の注目は、アメリカの新鋭ジョーダン・スピース(22歳)だ。今季メジャーのマスターズ(4月9日~12日/ジョージア州)、全米オープン(6月18日~21日/ワシントン州)と連勝し、「ゴルフ発祥の地」と言われるセントアンドリュースで行なわれた全英オープン(7月16日~20日/スコットランド)でも最後まで優勝争いを演じて、メジャー3連勝という快挙にあと一歩まで迫った(最終的には首位と1打差の4位タイ)。
※悪天候により、最終ラウンドが27年ぶりに月曜日に持ち越された。

 その圧倒的な強さに、すでに日本では「タイガー・ウッズ二世」「タイガーに代わる次世代のスター」といった呼び声があがっている。翻(ひるがえ)って、地元米メディアはどう見ているのか。はたしてスピースは、「ポスト・タイガー」と称されるほどの評価を受けているのだろうか――。

今季メジャー2勝を挙げて、驚異的な強さを見せているJ・スピース。「スピースは、このままいくと、ウッズを抜き去る」

 そう高く評価しているのは、マスターズを放映する米ネットワーク局のCBSスポーツである。根拠は、7月27日に22歳になったばかりのスピースが、記録的なスピードで勝ち星を積み重ねているからだ。

「スピースは、21歳10カ月でメジャー2勝。対して、ウッズがメジャー2勝目を挙げたのは、23歳8カ月。スピースのほうが断然早い。さらにスピースは、これまでに獲得した今季の賞金が、930万ドル以上(約11億円。※8月11日現在。以下同)。このあとも、プレーオフを含めて6試合あるので、ウッズが自己ベストをマークした2007年の年間獲得賞金1009万ドルを超えるのは、ほぼ間違いない。そうした数字を見ても、ウッズ超えは明らか」(CBSスポーツ)