2014.10.12

【ゴルフ】崖っぷちの諸見里しのぶ「1円でも稼ぎたい」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 諸見里しのぶが、シード喪失の危機に立たされている。

 今季は開幕から28試合に出場し、予選通過は半分以下の12試合。そのうち、Tポイントレディス(3月21日~23日/佐賀県)とヤマハレディース(4月3日~6日/静岡県)の17位タイが最高成績と振るわない。結果、10月11日現在の賞金ランクは、76位(獲得賞金688万6623円)。ボーダーラインが年間獲得賞金1900万円前後と推定されている、賞金ランク50位以内の来季シード権獲得にはかなり厳しい状況にある。

厳しい状況にありながら、復活へ向けて奮闘している諸見里しのぶ。 諸見里がもっとも輝いていたのは、2009年。ワールドレディスチャンピオンシップ、日本女子プロ選手権のメジャー2大会を含めて、年間6勝を挙げたシーズンだ。賞金女王の座こそ、横峯さくらに譲ったものの、日本女子ツアーを引っ張る中心選手として、常にスポットライトを浴びていた。

 だが、その翌年から徐々に下降線をたどっていった。2009年9月の日本女子プロ選手権を最後に優勝からも遠ざかり、昨季(2013年)の賞金ランクはついにシード圏外の71位にまで落ち込んだ。2009年の国内メジャー制覇で得た5年シードによって今季もツアー参戦を果たせているが、その恩恵を受けられるのも今年が最後。まさに諸見里は”崖っぷち”の状況にある。

 ゆえに、諸見里は危機感を募らせて神経質な状態になっているのではないか、と思われた。ところが、本人は意外にも平静を保っていた。むしろ前向きで、「一番よかった2009年のときよりも、技術的にはよくなっているんですよ」と言って微笑んだ。

「年間6勝した2009年のときは、勢いや感覚だけでゴルフをやっていた部分がありました。今は、『こういう状況のときはこうして打開していこう』とか、いろいろなことが戦略的にできるようになってきたんです。

 確かに、2010年からは勝てない時期が続いて、予選を通過しそうなときでも、残り3ホールで崩れて予選落ちしてしまうっていう状況が続いていました。その間は、『悪いのが当たり前』って思っていたし、『ああ、これがいつもの私だよね……』と、投げやりというか、自ら希望を失っていました。そんな状況が3~4年も続いていて……」

 ひと呼吸置いて、諸見里が続ける。