2014.10.14

松山英樹が開幕戦で見せた風格「今はミスを許せる」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 2014-2015年米ツアーが開幕。初戦のフライズコム・オープン(10月9日~12日)がカリフォルニア州のシルベラードリゾート(ノースコース/パー72)で行なわれた。

 米ツアー本格参戦3年目を迎える石川遼、2年目の松山英樹と、日本期待の若きふたりも参戦。ともに4日間すべてアンダーパーで回る好プレイを見せて、松山が通算12アンダーの3位タイ、石川が通算8アンダーの19位タイでフィニッシュした。

米ツアー2年目の松山英樹。開幕戦3位タイと好スタートを切った。 特筆すべきは、昨季同様、開幕戦で3位タイという好結果を残した松山だろう。昨シーズン、米ツアー本格参戦1年目でツアー優勝を飾って、賞金ランク27位、世界ランキング20位(10月6日現在)にまで上り詰めた実力をいきなり発揮。故障を抱えていた昨年と比べてコンディション的な不安もなく、今季のさらなる飛躍を予感させる”初陣”となった。

 試合前の松山は、「ショットの調子は、悪いとも思わないし、いいとも思わない。試合になってみないとわからない部分がたくさんある」と語っていたが、初日から安定したプレイを披露。終始リラックスした表情を見せて、2アンダー、25位タイとまずまずのスタートを切った。

「決して、何かが良かったということはないんですけど、スコア的にはすごくいいスタートが切れた。ショットも変な感じは少なくなってきているし、パッティングも納得できるレベルではないものの、昨季の終盤に比べると、だいぶマシになっていると思います。

 こうやって、いいスタートが切れたのは、(昨季終了後)3週間休んだことがすごく大きかったと思う。ラウンド中にイライラすることがなく、かなりすっきりと、リラックスしてプレイすることができた。(昨季終盤は)知らないうちに気が張り過ぎていた。体は疲れていないのに、気だけは疲れていた。それで、ちょっとしたことでもイライラしたり、怒ったりしていたけど、3週間休んで、頭の中がリセットされた感じ。今までは試合に出続けようが、休もうが何も変わらないと思っていたけど、休むことは思いのほか大事なんだな、ということを実感しましたね」