レアル15回目の欧州王者に 苦境を跳ね返したクルトワの美技とサイドの攻防

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 過去14回、欧州一に輝いてきたレアル・マドリード。1992-93シーズンに名称がチャンピオンズカップからチャンピオンズリーグ(CL)に変わってからは8度、優勝を飾っている。驚くことに、決勝で敗れたことは1度もない。挑戦者の立場で臨んだのは、CLになって初めて決勝に進出した1997-98シーズンのみだろう。

 そのとき下馬評で上回った相手は、3シーズン連続で決勝進出を果たしたユベントス。関係は45対55ぐらいだったと記憶する。番狂わせと呼ぶほどではないが、欧州史においては重要な意味を持つ結果だった。守備的サッカーに流れかけていた欧州のサッカーは、このレアル・マドリードの32シーズンぶりの優勝を機に、攻撃的に転じていくことになった。

 残る7回のなかで、戦前、最も楽勝と見られていたのは2001-02シーズン。グラスゴーのハムデンパークで行なわれたレバークーゼンとの一戦だ。ブックメーカーによるスコア予想では、レアル・マドリードの3-0が一番人気だった。しかし、結果は2-1。後半はレバークーゼンが展開する攻撃的サッカーの前にタジタジだった。試合時間があと5分あれば、同点弾を浴びていた可能性大と言いたくなる、大苦戦の内容だった。

 6月1日、20時(現地時間)にロンドンのウェンブリーでキックオフされた2023-24シーズンの決勝戦。対戦相手であるドルトムントに対しレアル・マドリードは、下馬評で大きく上回っていた。

 だが、思いのほか苦戦するのではないか。22シーズン前のレバークーゼン戦を想起せずにはいられなかった。

ドルトムントを破り、15回目の欧州王者となったレアル・マドリードの選手たち photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAドルトムントを破り、15回目の欧州王者となったレアル・マドリードの選手たち photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAこの記事に関連する写真を見る レアル・マドリードは、カリム・ベンゼマとともに"BBC"を構成したガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドがチームを去っても、それに代わる大物を補強していない。Bチームから昇格したヴィニシウス・ジュニオール(ブラジル代表)がその間に成長したことは確かだが、BBCを看板に攻撃力を全面に打ち出していた頃に比べると、近年のサッカーは華々しさに欠けると言っていい。

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る