中井卓大、王者レアル・マドリードに復帰するも...プロとして価値が問われる正念場に

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 スペイン王者レアル・マドリードはチャンピオンズリーグ決勝でドルトムントを2-0と下し、威風堂々と欧州王者に輝いている。前半こそ苦しんだが、後半は徐々に挽回。90分間を通しての「勝負強さ」に、真の王者たる理由が映し出されていた。

 15回目の欧州制覇は燦然と輝く記録で、他の追随を許さない。「ビッグクラブ」とひと括りにされるが、レアル・マドリードは一線を画している。欧州制覇が2番目に多いのがミランでやっと7回、3番目がバイエルン・ミュンヘンとリバプールの6回、5番目がバルセロナで5回、6番目がアヤックスで4回と続く。他は3回以下で、足元にも及ばない。レアル・マドリードこそ、「唯一無二の世界に冠たる王者」と言える。

 その王者に見初められたからこそ、日本人MF中井卓大(20歳)は脚光を浴びたわけだ。
 
3部ラージョ・マハダオンダで19試合に出場した今季の中井卓大 photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA3部ラージョ・マハダオンダで19試合に出場した今季の中井卓大 photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAこの記事に関連する写真を見る 中井は9歳でレアル・マドリードの下部組織に入団している。その後、着実にステップアップし、スキルやビジョンが高く評価されている。17歳の時、親善試合ながらカスティージャ(セカンドチーム)の試合に出場し、年少ながらUEFAユースリーグ(ユース年代のチャンピオンズリーグ)でデビューを飾った。18歳の時には、スペインユース国王杯決勝戦に途中出場し、痛快な決勝点を決めた。

 この一撃で、カスティージャ昇格が決まっている。それはトップデビューへの最終関門に辿り着いたことを意味していた。

「重要な試合で勝負を決める活躍」

 そこを何より重んじるレアル・マドリード関係者にとって、インパクトは大きかった。

 2022-23シーズンは期待が高まったが、中井の進撃は止まる。戦場が、同年代同士のユースから多様な大人相手に変わったのが大きかったか。そもそも、ピッチに立てなかった。シーズンで2試合出場、出場時間はわずか5分。フィジカル面、特に守備に回った時の物足りなさが指摘され、トップデビューなど夢のまた夢だった。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る