久保建英はソシエダ2年目でどう進化したのか 2戦連続MVPもチームが勝ちきれない理由

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●撮影 photo by Nakashima Daisuke

 チーム全体で、昨シーズンのようには配線がつながっていないのだ。

「開幕したばかりで、選手の中には90分間戦える状態ではない者もいる」

 アルグアシル監督が言うように、今は我慢の時だろう。

 久保を中心にどこまで勝ち点を稼げるか。主力が復調し、ポルトガル代表FWアンドレ・シルバが戦列に戻ったら、陣容は整う。ロシア代表アルセン・ザハリャンとの契約も発表された。そのプレースタイルは日本代表の鎌田大地にも近く、トップ下の選手としてあらゆる才覚を備えるアタッカーだ。

 久保は優れた選手と肌を合わせるたび、その集中力でさらなる進化を遂げる。そこにチームの熟成も追いついてくるはずで、悲観する必要はないだろう。

 8月25日、ラ・レアルは敵地でラス・パルマスと戦う。

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る