久保建英がゴールを決めればソシエダは勝つ 途中出場で空気を変え、今季7得点目でCLを引き寄せる

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 4月28日、レアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)はアウェーに乗り込み、伏兵オサスナを0-2で下している。 スペイン国王杯決勝に勝ち進んでいる相手で、決して簡単ではない試合だった。

「ラ・レアルはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて、(4位以内の)順位固めに成功」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』はそう見出しを打っている。 残り7試合、CL出場が見えてきた。

 ラ・レアルの14番を背負う久保建英はチームにとって、すばらしいシーズンを彩る象徴のひとりになろうとしている。リーガ・エスパニョーラ(以下ラ・リーガ)という修羅場で、CL出場を自らの手でつかみ取ることが、どれだけの快挙か。少なくとも、日本人では過去にひとりもいない。
 
 オサスナ戦の久保は63分からの交代出場になっている。中二日という日程的に厳しい試合だった。前節ベティス戦に90分間フル出場していたことで、ターンオーバーで先発を外れた格好だ。

 ピッチに出た時、0-1とリードする展開だったが、旗色は悪くなっていた。オサスナの本拠地エル・サダルは「赤く燃える」と形容されるスタジアムで、密度の高い歓声を背にしたオサスナに押されつつあった。

オサスナ戦に63分から出場、今季7得点目を決めた久保建英(レアル・ソシエダ)オサスナ戦に63分から出場、今季7得点目を決めた久保建英(レアル・ソシエダ)この記事に関連する写真を見る 久保は、その空気を確実に変えている。右サイドでボールを受け、起点になれるだけで、時間を作り出せた。チーム全体にリズムが生まれ、同じく交代出場だったアレクサンダー・セルロート、ミケル・オヤルサバルがそれぞれ決定機を迎えていた。

 久保自身はオサスナ陣営にかなり警戒されており、2対1と数的不利に晒される場面も目立った。しかし、彼は少しも怯んでいない。むしろ、果敢に仕掛ける意思を見せていた。81分には、この日のマークについていたマヌ・サンチェスと対峙しながら、巧妙にシュートコースを作り、左足でファーサイドを狙った。わずかにシュートは外れたが、脅威を示せた。

「オサスナ戦は、"彼自身に求められる姿だった"と言えるだろう。ピッチでは決定的だったし、(他との)差を示していた。ベンチから出てきて、チームの元気を活性化している」(『アス』紙)

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る