久保建英は「求めてきた自分になろうとしている」レアル戦決勝ゴールへの現地での評価

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●撮影 photo by Nakashima Daisuke

 5月2日、レアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)は欧州王者レアル・マドリードをホームに迎え、2-0と勝利を収めている。

 出場停止やケガ、またはスペイン国王杯決勝、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝と続く過密日程のための温存などで、カリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオール、ルカ・モドリッチ、フェデリコ・バルベルデ、ダビド・アラバ、エドゥアルド・カマヴィンガなど多くの主力がいなかったという要因はあるだろう。しかし来季のCL出場に向け、大きな金星だった。

 その殊勲者となったのが、ラ・レアルの14番、久保建英である。4-3-3の右アタッカーで先発。レアル・マドリードのGKへのバックパスをかっさらい、鮮やかに決勝点を決めた。

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の久保に対する寸評は、核心を突いていた。

「久保は決定的な選手になることを、自分自身に求めてきた。彼はそれを成し遂げつつある。シーズン8得点目で、8勝目。すばらしいプレスからの先制点だった。(対面した)ナチョを抜くのには苦労していたが、試合を通じてトライすることをやめなかった」
 
 久保は"求める自分"になろうとしているのだ――。

レアル・マドリード戦で決勝点となる先制ゴールを決めた久保建英(レアル・ソシエダ)レアル・マドリード戦で決勝点となる先制ゴールを決めた久保建英(レアル・ソシエダ)この記事に関連する写真を見る 18歳でレアル・マドリードと契約した久保は、世界を驚かせている。しかし彼自身、そのこと自体には少しも甘んじていなかった。ピッチで王者にふさわしいプレーをすることに執念を燃やし、苦しむこともあったが、突き進んできた。

 スペイン挑戦1年目は、レンタル先のマジョルカですぐに定位置をつかんでいる。2年目はビジャレアルという欧州カップに出場するクラブに移籍したが、ウナイ・エメリ監督の守備戦術と合わず、移籍したヘタフェでも同じもどかしさを抱えることになった。3年目は再びマジョルカでプレーし、悪くはなかったが、最後は失速していた。4年目、レアル・ソシエダに入団した時には、「上位クラブで通用するの?」という懐疑的な声もあったが、ピッチに立った彼は、それを声援にひっくり返した。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る