2022.03.26

CLで絶対に外せないFW5選。欧州通の玉田圭司が現地イングランドで感じた凄みとは

  • PROMOTON 中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi

 決勝トーナメントのラウンド16を終えた、UEFAチャンピオンズリーグ。4月6日から始まる準々決勝は、ベンフィカvsリバプール、マンチェスター・シティvsアトレティコ・マドリード、ビジャレアルvsバイエルン、チェルシーvsレアル・マドリードの対戦となった。

 佳境に突入したこのチャンピオンズリーグを、2021年シーズンを最後に、現役を引退した玉田圭司が分析。現役時代からヨーロッパのリーグに注目し、数々の試合を通して世界最高峰の戦術、最新の技術を見続けてきた玉田に、選手に焦点をあてて語ってもらった。

チャンピオンズリーグを初めて現地観戦した玉田氏 本人提供チャンピオンズリーグを初めて現地観戦した玉田氏 本人提供  今回、初めてチャンピオンズリーグの試合を現地で観る機会を得たので、僕が大好きなマンチェスター・シティの試合をエティハド・スタジアムで見たいと考えて、ラウンド16第2戦のスポルティング戦を観戦しました。

 まず印象深かったのは、選手が整列した時にスタジアムに流れるチャンピオンズリーグ・アンセムでした。これまでテレビでは何度も見ていたシーンでしたが、やっぱり実際にスタジアムであの曲を聞くと、チャンピオンズリーグの現場に自分がいることを実感できて、思わず鳥肌が立ってしまいました。

 試合は、第1戦で5点差がついていたこともあって、シティが少しメンバーを入れ替えながらも、試合をコントロールして戦っていたので、0-0という結果は順当だったと思います。ただ、そのなかでもシティらしさは随所に見られましたし、とくにこの試合では10代の選手がピッチに立って、彼らの才能を垣間見ることもできました。

 右SBでスタメン出場したコンラッド・イーガン=ライリー(19歳)、途中出場したMFジェームズ・マカティー(19歳)とDFルーク・ムベテ=タブ(18歳)など、彼らが今後どんな選手に成長していくのかを見るのが、とても楽しみになりました。

 そのような発見がいろいろと多いチャンピオンズリーグですが、これから始まる準々決勝に向けて、個人的に注目しているFWの選手を5人に絞って紹介したいと思います。