2022.03.28

イタリア代表番記者が怒りの告発。W杯2大会連続予選敗退の真犯人は誰だ

  • マルコ・パソット●文 text by Marco Pasotto
  • 利根川晶子●訳 translation by Tonegawa Akiko

 今、イタリアのサッカーはその歴史のなかでもどん底の状況下にある。これまではイタリア代表の最大の失態として、1966年のイングランドW杯で、北朝鮮に1-0で敗れた試合が挙げられてきた。しかし、これからは違うだろう。少なくともあの時はW杯に出られていたのだから。

 カタールW杯ヨーロッパ予選プレーオフ。私事になるが、イタリアが北マケドニアに敗れた時、まず、自分の子どものことを思った。もしイタリアが2026年のW杯(アメリカ、カナダ、メキシコの共同開催)に出場できたとしても、多くの子どもたちは、自国の代表がW杯でプレーする姿を知らずに育ってしまう。そう思うと不憫でならなかった。

 最後にイタリアがW杯でプレーしたのは2014年の6月のこと。その年に10歳だった子どもは、少なくとも22歳までW杯の興奮を味わうことができないのだ。そう考えると、イタリアを襲った悲劇がどれほど大きいかがわかるだろう。

 イタリアが2大会連続でW杯に出場しなかったことはこれまで一度もない。2018年のロシア大会を逃しただけでも最大の悪夢と思われていたが、それを再び繰り返すなど、あらゆる悪夢の限界を越えたようなものだ。

北マケドニアに敗れ、顔を手で覆うジョルジーニョらイタリア代表イレブン photo by Maurizio Borsari/AFLO北マケドニアに敗れ、顔を手で覆うジョルジーニョらイタリア代表イレブン photo by Maurizio Borsari/AFLO この記事に関連する写真を見る  矛盾しているかもしれないが、一番の問題はユーロ2020の優勝にある。なぜならあの勝利で、イタリアの国中が信じてしまったからだ。イタリアはまたヨーロッパや世界で主役を張れる国に戻れる、正しい道筋に戻ることができた。W杯の優勝候補、ヨーロッパの強豪......。

 それはクラブチームにおいてもあてはまると考えていた。しかし、ウェンブリー(ユーロ決勝会場)の勝利から8カ月後、チャンピオンズリーグからイタリアのクラブはすべて姿を消し、イタリア代表は敗退し、イタリアサッカーはあらゆる面で再建が必要なのだと知ることになった。

 こうした状況を揶揄する投稿がSNSにはあふれかえっているが、最も多いのはこんな言葉だ。

「本当に知りたいのは、どうしてW杯を逃してしまったかではなく、どうやってユーロで優勝したかだ」