2021.03.25

「イエニスタより上」だけど地味で繊細。ポストプレーもできる超絶技巧の選手がいた

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

異能がサッカーを面白くする(10)~一番「うまい」選手編
(1)から読む>>

 弾力性に富むネコのような動きをするロマーリオ、クネクネした動きが特徴的だったヌワンコ・カヌ、関節の可動域が広く、体勢に無理が利くズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)......。ひと言でいえば、超人的な動きをする選手たちとなるが、もう少し言うならば、どんなに努力しても真似できそうもないプレーヤーだ。

 うまい選手は、このように、いくら努力しても絶対に無理だと言いたくなる選手と、頑張れば真似できそうな(実際にはそうでなくても)親近感を抱かせる選手とに大別される。
 
 頑張れば真似できるかも。そんな、サッカー少年に夢を抱かせる選手の代表格は、アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)だろう。バルセロナとスペイン代表で、ほぼ同じ時期に活躍したシャビ・エルナンデス、セスク・ファブレガス(モナコ)らも同様だ。日本のファンにとっては、体格的にも親近感を抱かせるプレーヤーたちだ。さらにはバレンシアやマンチェスター・シティで活躍したダビド・シルバ(レアル・ソシエダ)、バルサとポルトガル代表で活躍したデコ、一昨年のバロンドール受賞者ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)も、この仲間に入ってくる。小柄なゲームメーカーだ。

 その一段下で構える選手、セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)、かつてのジョゼップ・グアルディオラやシャビ・アロンソも、この仲間に加えることができるが、マウロ・シウバは難しい。以前にこの連載でも紹介した(『「ぬりかべ」が襲ってくる。ブラジルサッカー史上最高級ボランチの特殊能力』)、デポルティーボ・ラ・コルーニャで活躍した元ブラジル代表の名ボランチだ。『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクターの「ぬりかべ」よろしく、相手の前にヌッと現れ、壁のように立ちはだかり、身体を密着させてボールを奪う。まさに人間離れした才能を備えた選手だった。

アトレティコ・マドリードやデポルティーボ・ラ・コルーニャで活躍、2016年に現役を引退したフアン・カルロス・バレロンアトレティコ・マドリードやデポルティーボ・ラ・コルーニャで活躍、2016年に現役を引退したフアン・カルロス・バレロン  しかし、チャンピオンズリーグ(CL)で快進撃を続けた当時のデポルティーボには、マウロ・シウバの他にもうひとり、特殊能力を備えた選手がいた。親近感を抱きにくい、非イニエスタ系と言うべき希代のテクニシャンだ。