2020.03.05

南野拓実はリバプール移籍後ノーゴールだが、福田正博は心配していない

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フットボール原論

■欧州王者のリバプール入りした南野拓実。1月にザルツブルクから移籍後、少しずつ出場機会を得て、徐々に出場時間を伸ばしつつある。そんな南野の現状について、元日本代表の福田正博氏はどのように考えているのか。

リバプールでベンチスタートが続く南野拓実 2月29日のプレミアリーグで首位リバプールが18位のワトフォードに0-3で完敗。今季リーグ28試合目で初黒星を喫して連勝は18でストップしたが、後半途中から出場した南野拓実にとっては久しぶりに出番を得る試合になった。また、FAカップ5回戦のチェルシー戦では先発し、リバプールは敗れたが南野はフル出場を果たした。

 1月にリバプールに加入した南野は、1月5日のFAカップ、エバートン戦でデビュー。リーグ戦は第24節ウォルバーハンプトン戦で途中出場し、2月1日のリーグ第25節サウサンプトン戦も途中出場したが、その後はFAカップ、チャンピオンズリーグ、リーグ戦と4試合連続で出番のない状況が続いていた。

 それだけにワトフォード戦とチェルシー戦では結果を残してアピールしたかったが、持ち味を存分に発揮できないまま終わった。

 移籍が決まった時に比べると、いまの南野のパフォーマンスにパッとしない印象を受ける人もいるかもしれない。しかし、彼の現状については、さほど心配していない。