2020.03.03

久保建英、存在感示すも勝利は遠く。
マジョルカの残留に必要なものは?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by MarcaMedia/AFLO

 3月1日、久保建英を擁するマジョルカは、本拠地ソン・モイスでヘタフェと戦い、0-1とあえなく敗れている。

「シュートを打たなきゃ、勝てるはずがない!」

 現地の『ディアリオ・デ・マジョルカ』紙は、そう見出しを打った。かなり辛辣な言い回しだが、シュートはわずか4本で、枠内に飛んだのは1本のみ。唯一、勝ち点を稼げていたホーム(ホームは6勝2分け6敗、アウェーは0勝2分け10敗)で後手を踏む戦いをしてしまったことを、心から嘆いているのだ。

 マジョルカは降格圏から抜け出せず、20チーム中18位と低迷している。残り12試合、久保はマジョルカを1部に残留させることができるのか?

ヘタフェ戦にフル出場した久保建英だが、マジョルカは0-1で敗れた ヘタフェ戦、久保は4-1-4-1(後半途中から4-4-2)の右サイドでプレーしている。

 反則ギリギリの際どいチャージを見せる相手にも、少しも怯んでいない。味方のパスを集め、チームにとって最大の攻め手になっていた。走力の高いコートジボワール人FWラゴ・ジュニオールに対しては、何度も絶妙のスルーパスも出している。また守備でも、ディフェンスが得意ではない右サイドバック、アレハンドロ・ポゾを援護していた。相手から力強くボールを奪い、カウンターを発動するシーンもあった。