2020.03.03

南野拓実も「すごく残念」。
連勝記録ストップのリバプール、2つの敗因

  • 田嶋コウスケ●文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 リバプールのリーグ連勝記録が18試合で止まった。2月29日に行なわれたプレミアリーグ第28節のワトフォード戦で、リバプールは0-3の完敗を喫した。

5試合ぶりに公式戦のピッチに立った南野拓実「試合前は、リバプールのプレミアリーグ連勝記録が19に伸びることだけが予想されていた。スタジアムに詰めかけた大勢の記者たちも、そのことだけを考えていた」

 英BBC放送がそう伝えていたように、降格圏19位に沈んでいたワトフォードにまさかの不覚をとった。

 リーグ戦の敗戦は昨年1月3日のマンチェスター・シティ戦以来となり、連続無敗試合は「44」でストップ。2003-04シーズンにアーセナルが達成した無敗優勝の期待もかかっていたが、ここで夢が潰えた。

 英衛星放送スカイ・スポーツによると、リバプールは71%のボールポゼッションを記録した。だが、シュート数はワトフォードの14本に対し、リバプールが7本。枠内シュートはワトフォードが5本、リバプールが1本だった。内容的にも、リバプールの完敗と言えた。