2019.01.31

バルサ育成仕込みの指揮官が
森保Jに牙をむく。カタール躍進の秘密

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 アジアカップでのカタールの躍進は目覚ましい。

 グルーリーグでは、レバノン、北朝鮮、サウジアラビアを相手に3連勝し、首位通過。ノックアウトステージに入ってからも、伏兵イラクを破り、W杯出場常連国の韓国を下し、アルベルト・ザッケローニ監督が率いる開催国UAEも一蹴し、日本との決勝戦に進んだ。

 6試合で無失点。その強力な”盾”が、”矛”の強さも高めたのか、16ゴールで大会最多得点も誇っている。

カタールをアジア杯決勝に導いたフェリックス・サンチェス・バス監督 大会開幕前のカタールの評価は、「ダークホース」止まりだった。なぜ、カタールは快進撃を見せているのか?

 特筆すべきは、カタールサッカー界の育成、強化に2006年から10年以上も関わってきたスペイン人監督の存在だろう。

  カタール代表を率いるフェリックス・サンチェス・バス監督(43)は、決して有名な指揮官ではない。しかし、指導者として成熟してきた人物である。

 プロ選手の経歴はなく、20歳から指導者キャリアをスタート。バルセロナのユースで指導を始め、力をつけてきた。約10年、バルサのラ・マシア(育成組織)で経験を積み、セルジ・ロベルト(バルセロナ)、ジェラール・デウロフェウ(ワトフォード)など多くの逸材を育成した。

 そして2006年、カタールのアスパイア・アカデミーでディレクターをすることになったロベルト・オラベ(元レアル・ソシエダの監督などを務めた人物。現在のディレクターは同じくスペイン人のイバン・ブラーボ)に誘われる形で、海を渡ったという。