2019.01.30

豊川雄太が森保監督にアピール。
「コパ・アメリカに出たい」

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 オイペンはカタール資本のクラブということもあって、冬のキャンプ地はドーハだった。ストライカーは3人。ともに191cmのダビド・ポレ、サムエル・エセンデがセンターフォワードでプレーし、豊川雄太は右サイドハーフに回った。よって、ベルギーリーグが再開したら自分はベンチスタートするものだと、豊川は思っていた。

ベルギーリーグで今季5ゴールをマークしている豊川雄太 だから、2019年最初の試合となった1月19日のロケレン戦で、ストライカーとして先発することが決まった時、豊川は少し驚いた。

「チーム内にワントップが3人もいるじゃないですか。冬の合宿では、俺がサイドに追いやられた。監督も試す機会を与えたと思う。今日、途中から出てきた9番の選手(ポレ)は調子がよく、ドーハの練習試合でも点を獲っていたので、自分はサブかなと思っていたんです。(ポジション争いが激しいのは)自分の成長につながるからいいですね。だから、自分の色を出そうとしています」

 ポストプレーを得意とするポレ、力強さのあるエセンデ、ゴール前の嗅覚、献身性、俊敏性に秀でた豊川――。そのような三者三様のストライカー陣から、クロード・マケレレ監督は年明けの初戦に豊川を抜擢した。そして、豊川は指揮官の期待に見事に応えて40分、右からのクロスのこぼれ球に反応して今季5ゴール目を決めた。

 このゴールで勢いに乗った豊川は、43分にも相手の死角を突いてニアに走り込んで惜しいシュートを放っている。豊川は80分、サポーターのチャントを受けながらベンチへ下がった。このクラブで個人チャントを持っているのは、豊川ただひとりである。

 試合は4-1でオイペンの快勝。上機嫌のチーム関係者が「パーフェクト!」と、豊川を労いながら帰っていく。「個人としても、チームとしても、いいスタートが切れました」と、豊川もうれしそうだった。

「ワントップの評価は、やっぱりゴール数。だから、ふたケタは獲らないといけない。プレーオフも含めたら、10点獲るのは当然。できればレギュラーシーズンだけで、ふたケタにいきたいですね。そうしたら自信になると思うし、周りからの見方も変わると思う」