2019.01.29

恩讐を越えて。スペイン代表モラタが
古巣・アトレティコを選んだ理由

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

 1月28日、アトレティコ・マドリードはチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタを18カ月の期限付き移籍(2020年6月まで。買い取りオプション付き)という契約で獲得したことを発表している。

 その前段階として、ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクがミランに移籍し、ミランがアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインをチェルシーに放出。玉突き移籍の形になった。

 今シーズン、モラタはマウリツィオ・サッリ監督と戦術的に合わず、自ら移籍を志願していた。移籍候補としては、セビージャ、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント、ミランなどの名前が次々に挙がっていた。爆発的なスピードと豪快なフィニッシュは、今も高い評価を受けている。

 では、なぜモラタはアトレティコを選択したのだろうか? その理由はふたつある。

チェルシーからアトレティコ・マドリードに移籍したアルバロ・モラタ すでに書いたように、モラタはサッリの戦術システムに辟易していた。

 サッリの戦術は、ポゼッションを重視する戦い方と言える。ボールを丹念につなぎ、相手をずらし、タイミングやスペースを作って、崩してゴールを決める。時間も手数もかける。

 一方、モラタはディフェンスの裏に走り、もしくはサイドに流れ、1本のパスを引き出してゴールにつなげるプレーを得意としている。カウンター戦術で自らを生かすことができる。レアル・マドリード、ユベントスで得点を挙げていたときも、そのパターンが多かった。