2019.01.28

伝説の戦いをもう一度。バスクの雄・
アラベスが乾貴士に期待すること

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Sano Miki

 乾貴士のアラベスへのレンタル移籍が正式に発表された。

 日本語とスペイン語で書かれたベティスへのお別れのコメントで、乾は「ベティスで結果を出せずに、悔しさが残るなかの移籍である」と記していたが、それでも、アラベスにその力を高く評価されたことに変わりはない。

アジア杯ベトナム戦では後半途中から出場した乾貴士 移籍の噂が流れてきたのは突然のことだった。ベティスがバルセロナと共同でブラジル人DFエメルソンを獲得するという話が出て、埋まっていた外国人枠を空けるために出場機会の少ない日本人MFを放出するとの話を、1月中旬、セビージャ現地メディアが伝えたのが最初だった。

 その一方で、イバイ・ゴメスをアスレティック・ビルバオに放出し、サイドの選手の補強が必要だったアラベスが、乾獲得に興味を示しているという話も聞こえてきた。

 アラベスにとって、シーズンを引っ張ってきた主力(ここまで20試合に出場)の穴を埋めるには乾はうってつけの選手であった。また、「その穴埋めをできるだけの力を持つ選手である」と乾を評価していることは、1月18日に行なわれたヘタフェ対アラベス戦でアラベスの地元記者から聞いた話からもわかった。

「チームにはイバイとジョニーというサイドの選手がいたが、イバイは移籍、ジョニーはケガで今はいない。乾にはその穴を埋めてほしい。チームにはFWボルハ・バストンへラストパスを供給してくれる選手が必要だ。