2019.01.28

森保Jに立ちはだかるイランの
ケイロス監督。「相手を泣かせろ」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Imaginechina/AFLO

 アジアカップ準決勝。日本代表と対戦するイランを率いるカルロス・ケイロス(65)は、老練さを極めたポルトガル人指揮官である。

 90年代にはポルトガルの黄金世代を引き連れ、世界中で旋風を巻き起こした。91年のワールドユース(現在のU-20W杯)でルイス・フィーゴ、マヌエル・ルイ・コスタ、ジョアン・ピント、フェルナンド・コウトらを擁して頂点に立った。その後、ポルトガル代表を率いるが、アメリカW杯の予選通過に失敗。批判を浴びたが、スポルティング・リスボンの監督として1994-95シーズンに国内カップ戦で優勝し、再起を果たした。

 その後はMLSのメトロスターズ、Jリーグの名古屋グランパス、そしてUAE代表の監督を経て、南アフリカ代表を2002年日韓W杯へ導いた。栄光も挫折も、糧になっているのだ。

 2003-04シーズンはレアル・マドリードを率いるが、解任。その後、マンチェスター・ユナイテッドのコーチを経て、再びポルトガル代表を率いると、2010年南アフリカW杯に出場し、ベスト16に進出。2011年から率いたイラン代表では、ブラジル、ロシアと2大会連続でW杯に出場している。

日本と対戦するイラン代表を率いるカルロス・ケイロス監督「最初に監督をしたのは、インファンティル(12、13歳のチーム)で、1980、81年の頃だった」

 そう語るケイロスは、監督の道を究めてきた。選手としては、故郷のモザンビーク(当時はポルトガル領)で、セミプロレベルのGKとしてプレーしたのみ。リスボンの大学で指導を学んで以来、40年近く監督人生を歩んできたのだ。

 では、百戦錬磨の男はどのような戦いを信条としているのか?