2018.05.14

乾貴士、ホーム最終戦で胴上げ→落下。
バスクの山に響くイヌイコール

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Getty Images

 最初からすべてがうまくいったわけではない。自由に思えたスペインサッカー。だがそこには戦術のレベルの高さが厳然としてあり、特に守備面に関しての戦術理解度の足りなさから、シーズン1年目は思うように出場機会を伸ばすことができなかった。

 2年目もシーズン序盤は出番が回ってこなかった。だが、腐ることなく周囲のサポートを受けた乾は、徐々にメンディリバルのサッカーを理解し、メンディリバルに「自分のサッカーをピッチの上で一番体現してくれる選手」とまで言わせるようになった。

 乾にとって、メンディリバルとの出会いは、彼のサッカーキャリアの中で一番の衝撃だったに違いない。

「僕はここで、本当に人間としてすばらしい監督に出会えた。もしかしたらメンディリバル以上の人はいないかもしれない。まだこれからのサッカー人生の中で新たな監督と接していくのでわからないことだけど、今まで出会ってきた監督の中では、僕のなかでは一番の監督。サッカーも、人としての行動、発言も、本当にすばらしい人。この監督に3年間習えたのは、自分の人生を変えたんじゃないかというくらい大きな出来事でした」

 乾にとってメンディリバルは、単にサッカー選手としてだけでなく、自分の人生を変えるほどの影響力を持った監督だった。だが新シーズンは、乾のことを理解している指導者やチームメイトから離れて、新たな挑戦にその身を置くことになる。

「この移籍が正解かどうかは自分次第だと思っている。もしかしたらエイバルに残っていればよかったと言う人もいると思うけど、自分自身は常に進んでいきたい、チャレンジしたいと思っている」