2018.04.22

バルサ、シティの「番狂わせ敗退」を
CL博士3人が論理的に読み解く

  • photo by Getty Images

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.16

 2017-2018シーズンも佳境を迎え、各地で最高峰の戦いが繰り広げられる欧州各国のサッカーリーグ。この企画では、世界トップの魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎──。

 今回のテーマは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のレビュー。ラ・リーガで首位を独走するバルセロナがローマに、プレミアリーグで優勝したマンチェスター・シティがリバプールに敗れ、予想を覆す結果になった試合を振り返ります。

連載記事一覧はこちら>>

――チャンピオンズリーグ準決勝はリバプール対ローマ(第1戦;4月24日、第2戦;5月2日)、バイエルン・ミュンヘン対レアル・マドリー(第1戦;4月25日、第2戦;5月1日)になりました。今回はこの2カードを展望していきたいと思いますが、その前に、まずはリバプールとローマの準々決勝の戦いぶりからレビューしていただきたいと思います。

順当に勝ち上がると思われたバルセロナだったが...

倉敷 まずリバプールです。今季はその緻密さが世界から高い評価を受けていたマンチェスター・シティから複数ゴールを奪うことで、欧州のコンペティションで頂点を目指せるレベルにあることを証明しましたね。勢いをもって相手を凌駕するのが現在のスタイルですから、アンフィールドで完勝できたことがなにより大きかったと思います。

 それにしても第1戦は、緩急をつけることに関しては指折りの実力を持つリバプールの3人のアタッカーに対し、シティは4バックで臨み、左サイドバックにアイメリク・ラポルテを起用しました。結局ここがモハメド・サラーに完敗したわけですが、小澤さんは、この起用をどう見ましたか?