2017.08.31

日本よりキツい状況に。アルゼンチン、
オランダがW杯予選で大ピンチ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by VI Images/AFLO

 W杯アジア最終予選B組、日本対オーストラリアの一戦が行なわれる8月31日は、国際Aマッチデー。W杯予選が世界の津々浦々で一斉に行なわれる。

8月31日、フランスに敗れるとあとがなくなるオランダ代表 日本にとって気になるのが、アジアA組の戦いだ。オーストラリア、そして9月5日に対戦するサウジアラビアに先着を許し、日本がB組で3位に沈めば、このA組の3位チームとプレーオフを争う。

 すでにイランが本大会行きを決め、韓国とウズベキスタンの2位争いに絞られたB組。両者の勝ち点差は現在1だ。韓国は31日にイランとホーム戦を、対するウズベキスタンは同日、中国とアウェー戦を戦う。両者の直接対決は9月5日。舞台はウズベキスタンだ。

 アジアA組、B組の3位チームによるプレーオフは、第1戦が10月5日で、第2戦が10月10日だ。日本が当事者になった場合、ホーム戦は第2戦になる。そこで勝利したチームは、11月6日~14日に行なわれる大陸間プレーオフに進出。今度は北中米カリブ海の4位チームと対戦する。

 その北中米カリブ海予選の現在の順位は以下の通り。

 1位メキシコ(勝ち点14)、2位コスタリカ(11)、3位アメリカ(8)、4位パナマ(7)、5位ホンジュラス(5)、6位トリニダード・トバゴ(3)。