2017.09.02

全ベルギーが大絶賛。森岡亮太が再び
日本代表に呼ばれる日はいつか

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 森岡亮太が着るユニフォームの「背番号44」のところには、丸く大きなワッペンが貼ってある。ベルギーリーグでは現時点の得点王とアシスト王がわかるように、それぞれランキングトップ選手のユニフォームに派手なワッペンを貼りつけているのだ。

早々に結果を出してベルギーで一躍有名になった森岡亮太 ベルギーリーグのワースラント=ベフェレンに今季移籍した森岡は、第4節を終えたところで2ゴール4アシストを記録しており、アシストランキングでトップにいる。ベルギーのメディアは「なんというプレーヤーだ。60分に1回、ゴールに絡んでいる。森岡はリーグ序盤戦のセンセーション。彼を発掘したべフェレンのスカウトに脱帽だ」(『ヘット・ラーツテ・ニーウス』8月21日付)と、森岡にぞっこんだ。

 現地の複数報道によると、ベフェレンが森岡を発見したのは偶然の産物だったという。2016年4月、ベフェレンでスカウトを担当しているダニエル・デクラークが守備的MF(センターバックという説もあり)の選手をチェックしにポーランドまで行ったとき、対戦相手のシロンスク・ヴロツワフに森岡がいた。

「すぐ森岡に興味を持った。テクニックがともかくすごかった。視野が広く、ボールの置きどころもよく、ボールさばきに秀でており、ショートパスもミドルレンジのパスも難なく出していた」(デクラーク)