2015.07.14

選手の質のバロメーター。CLの舞台から日本人が消える日

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

日本人とチャンピオンズリーグ(前編)

 2015~2016シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に、予選の結果次第では日本人選手が1人も出場しないことになる。しないではなく、できないといった方が適切か。

 W杯の予選突破確率は8割強。アジア枠が4.5もあるので、日本代表のスタメンクラスなら、W杯本大会にはほぼ出場できる。だが、もう一つの世界最高峰の戦い、CLはそうはいかない。日本代表の看板は何のアドバンテージにもならない。W杯で言うところのアジア枠のような、履かせてもらえる下駄もない。純粋に個人の力が試される場だ。そこに日本人選手が1人もいないという現実が、いま訪れようとしている。

 そうなれば、05~06シーズン以来、10シーズンぶりの出来事になる。

内田篤人とクリスティアーノ・ロナウド。CLならではの対戦だ CLの舞台に何人送り込めているか。それはまさしく、その国の選手の質を示すバロメーター。よい選手の数そのものだ。運不運がつきまとうW杯の成績より、厳粛に受け止めるべき現実になる。

 13〜14シーズンの後半、CL本選に出場した選手を送り込んでいる国の数を調べてみた。結果は67ヵ国。1位はスペイン。4人を送り込んでいた日本の順位は、ウェールズ、セネガルとともに33位タイだった。