2015.07.10

イブラヒモビッチも?ミラン大量補強と本田圭佑の立場

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko photo by BUZZI/FOOTBALL PRESS

「パラメトロ0」。アンチミラニスタの間ではこの言葉が流行っている。日本語にすると「移籍金0」という意味。ここ数年、ミランはこの移籍金0(本田圭佑もその一人だ)、もしくはレンタルで手に入れた選手ばかりでチームを作ってきた。もちろんタダで手に入れたからといってその選手が使い物にならないというわけではないが、それでも最近のミランの低迷とは無関係でないだろう。

新シーズンに向け練習を開始したモントリーボ(中央)らミランの選手たち それを揶揄してネット上では様々な”お遊び”が行なわれている。例えばミランの選手たちが「我ら移籍金0」と書かれたミランのチームマフラーを掲げていたり、ガッリアーニ副会長を騙ったフェイスブック上では「君は30代で移籍金0、よしミランに来い、君は20代で移籍金がかかる、失せろ!」などという書き込みがされたり……。

 しかしミランもタイ人ブローカー、ミスター・ビーをビジネスパートナーにしたことでやっと選手補強にお金を使えるようになった。ただし久しぶりに本格的なカルチョメルカートに参加したからか、どうも勘が狂ってしまっているようだ。移籍市場が開いた当初は、狙っていた選手獲得にことごく失敗している。

 その中でも一番失笑を買ったのは、モナコ所属のフランス人MFジョフレイ・コンドグビアの一件だ。