2015.07.15

日本人選手のCL出場が難しくなった理由

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

日本人とチャンピオンズリーグ(後編)

前編を読む>>

 01~02シーズン、小野伸二はフェイエノールトですっかりレギュラーに定着した。フェイエノールトはチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ脱落組として出場したUEFA杯(現ヨーロッパリーグ)で、決勝に進出。ドルトムントを大激戦の末に下し、そのチャンピオンに輝いている。

 ポルト、アトレティコ・マドリード、チェルシー、セビーリャ。これらは過去5年のヨーロッパリーグのチャンピオンになるが、当時の小野はこのレベルでプレイしていたわけだ。その準決勝では、いまより数段強いインテルにも勝利を収めている。欧州的に見ても、ちょっと光る期待の若手だった。同じ頃、バルセロナで出場機会を得始めたシャビと、思わず比べたくなったほどである。

マインツ入りした武藤嘉紀。CLへの道のりは遠い 先日、マインツ入りした武藤嘉紀。当初、報じられたのはチェルシー入りだった。よそのクラブにレンタルで貸し出して様子を見る。結局はそういう話だったし、その見出しを目にした瞬間でさえ、現状では通用するはずがないと、まともに信じる人は少なかったと思われる。