湘南ベルマーレのタリクが「もったいない」と感じている日本人選手たちの行動とは

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

湘南ベルマーレ タリク インタビュー 後編

来日して4シーズン。湘南ベルマーレでプレーするタリクは、大好きな日本の文化をすばらしいと感じている一方で、日本人の性質に少し物足りないと感じているところもある。インタビュー後編はそんな彼の日本人評と、自身の未来についても語ってもらった。

前編「タリクが絶対に平塚に住みたいと思った理由」>>
中編「ノルウェーに移住した少年時代『サッカーがカギ』だった」>>

【日本人の性質に少し物足りないと感じていること】

「僕は日本のすべてが大好きだし、住んでいる平塚のことを愛している。人々や自然を敬い、清潔さやハードワークを尊ぶ文化は、本当にすばらしいと思う。時々、世界で起きている紛争などを見聞きすると、全世界が日本のようであればいいのに、と思うことさえある」

 タリクは日本の印象について、そう語った。日本の美しい四季も好み、特にインタビューをした時の季節、秋がお気に入りだという。彼の妻やふたりの子どもも、日本の生活を楽しんでいるようだ。

タリクが日本人選手たちに感じていることとは? photo by Kishiku Toraoタリクが日本人選手たちに感じていることとは? photo by Kishiku Toraoこの記事に関連する写真を見る その一方で、一般的な日本人の性質に、少し物足りないと感じているところもある。

「もちろん相手をリスペクトするのは良いことだけど、あまりに気を使いすぎて、まったく意見を言わないのは良いことではないよね。たとえば湘南ベルマーレのチームミーティングでも、自ら意見を言おうとする選手は実に少ない。

 チームだから、監督のアイデアを尊重するのは間違っていないよ。でもうちの監督(山口智)はオープンな人で、選手の意見を求めることもある。でもそこで何かを話そうとする人は本当に少ないんだ」

 これまでの日本の社会では、ひとつの集団にリーダーがいれば、その人の方針に従うことが良しとされてきた。それが成功の道筋と考えられていた節さえある。グループの有力者の顔色を伺い、胡麻を擦って気に入られ、出世していくことが、幸せのひとつと捉えられていたようなところもある。タリクもそれを感じている。

1 / 3

プロフィール

  • 井川洋一

    井川洋一 (いがわ・よういち)

    スポーツライター、編集者、翻訳者、コーディネーター。学生時代にニューヨークで写真を学び、現地の情報誌でキャリアを歩み始める。帰国後、『サッカーダイジェスト』で記者兼編集者を務める間に英『PA Sport』通信から誘われ、香港へ転職。『UEFA.com日本語版』の編集責任者を7年間務めた。欧州や南米、アフリカなど世界中に幅広いネットワークを持ち、現在は様々なメディアに寄稿する。1978年、福岡県生まれ。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る