2022.08.01

コロナ対応でルール定まらぬJリーグ。川崎・鬼木監督「本当は勝って、いろいろと話せたらよかったんですが…」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 7人が埋まるはずのベンチメンバーには、5人の名前しか記されておらず、うち3人がGK登録。前代未聞のそのリストが、川崎フロンターレの緊急事態を如実に物語っていた。

 川崎から「トップチーム関係者1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた」というリリースが出たのは、7月26日の火曜日のこと。木曜日には新たに5名の陽性者が判明し、試合前日の金曜日にはさらに4名の陽性判定が報告されている。

 金曜日のリリースには「明日開催される2022明治安田生命J1リーグ第23節vs浦和レッズには、出場条件を満たした選手・スタッフで出場いたします」と記されていたものの、試合当日のスクリーニング検査でも新たなに1名の陽性者が判明した。

手持ちの駒で最善のメンバーを組んだ鬼木監督手持ちの駒で最善のメンバーを組んだ鬼木監督 この記事に関連する写真を見る  Jリーグの規約では、13人がベンチ入りできれば試合を開催するエントリー基準がある。一方で13人以上が出場条件を満たしていても、保健所によってチームが活動停止の指示を受ければ、試合を行なうことはできない。今季の中止試合は、すべてこのケースだった。

 もっとも、自治体によって保健所の判断基準は異なるため、公平性は保たれないことになる。Jリーグの野々村芳和チェアマンは「今までは保健所の判断を仰ぐことが多かったが、リーグとして試合をするのかしないのかの判断の規約を早急に考えないといけない」と話しているが、まだルールは定められていない。

 保健所から活動停止を指示されなかった川崎は既存の規約にのっとり、4人のGKを含む16人で、浦和レッズのホーム、埼玉スタジアムに乗り込むことになったのだ。

 不幸中の幸いだったのは、スタメン11人のポジションを無理なく当てはめることができたこと。

 GKには守護神のチョン・ソンリョンが入り、最終ラインには代表帰りの谷口彰悟が強行出場。故障明けのジェジエウともに2CBを形成した。中盤の3人、3トップの3人も、いずれもレギュラークラスが適正ポジションでピッチに立っている。